在宅コールスタッフに注目!憧れのAppleやAmazonで在宅ワークが可能に!

在宅ワーク

在宅ワークで求人情報が多い職業って何だか知ってますか?

それはずばり【コールスタッフ】なんです。

架電中心のテレフォンアポインターから受電中心のカスタマーサポートまで、多くの企業でコールスタッフを必要としています。

そしてこのコールスタッフ、今では在宅でできる仕事として注目を浴びていて、AppleやAmazonでは在宅コールスタッフが活躍しているのです!

今回は大手で働くチャンスもある、在宅コールスタッフについて紹介します。

スポンサーリンク

在宅コールスタッフとは?

在宅コールスタッフとは、自宅にいながら企業のコールセンターの一員として仕事ができる在宅スタッフのことです。

在宅コールスタッフの仕事は二つに分かれています

・テレフォンアポインター
お客様に電話をかけ、商品の案内やアポイントを取る仕事(架電業務)

・カスタマーサポート
お客様から商品の注文、使い方や問い合わせを受ける仕事(受電業務)

在宅コールスタッフになるには?

コールセンターの仕事は想定に応じたマニュアルがしっかり作られており、あらかじめ研修を行う企業が多いため、マニュアルに沿った応対が出来れば問題ないでしょう。

ただし企業と顧客を結ぶ仕事のため、印象の良い電話対応が求められます。

万が一、電話中に自分で対応できない問題にぶつかった時も、オンラインで同僚や上司にサポートしてもらえる環境のことも多いため、困ったときにはすぐに相談することは必要です。

カスタマーサポートやテレアポの経験のある方は優遇される企業もありますが、特に資格は必要ないためチャレンジしやすいのもコールスタッフです。

在宅コールスタッフは完全自宅勤務

一般的に在宅ワークが自宅以外のシェアオフィスやカフェでの作業が可能なのに比べ、在宅コールスタッフとして働くには自宅の静かな環境が必要です。

また在宅コールスタッフは一般回線の電話は使わず、インターネット回線を使う電話である場合が多いため、安定したインターネット回線が必要となります。

カスタマーサポートの在宅コールスタッフは大手企業も採用

通信販売の注文受付や商品の問い合わせなどを行う受電業務として在宅コールスタッフを採用する企業が増えています。

その中に下記のような大手企業も含まれています。

Amazon 在宅勤務 お客様対応スタッフ

Amazonでは「お客様対応スタッフ」を在宅勤務として採用しています。

仕事内容は電話のみならず、メール、チャットによるお客様からのお問い合わせ対応です。

勤務日は土日祝を含む週5日のシフト制で、フルタイムもしくは1日4時間のパートタイムとなっています。

もちろん大手ならではの休暇制度、残業代支給、昇給制度などもしっかりと整っています。

勤務時間については24時間カスタマー対応をしているAmazonですが、日勤/夜勤は入社時に選択することができます。

ただしAmazonが決めた1か月固定シフトということなので、シフトの融通は難しそうです。

Amazonの在宅スタッフ採用サイトはこちら≫≫≫Amazon

Apple 在宅勤務アドバイザー

Appleではカスタマーセンターを「在宅勤務アドバイザー」として採用しています。

お客様からのApple製品に関するとお問い合わせやサービスについての返答が主な仕事で、電話、チャット、メールを通じてカスタマーサービス、トラブルシューティング、テクニカルサポートを提供します。

業務で使用するiMac(およびヘッドセット)は支給されます。

業務開始前にしっかりとAppleのテクノロジーを学ぶことができるトレーニングがあり、業務中も様々な支援プログラムが用意されています。

在宅勤務アドバイザーはフルタイムおよびパートタイムでもAppleの社員となり、製品割引や有給休暇などの充実した福利厚生を利用できます。

勤務日はシフト制になっており、勤務時間はAppleのサポート営業時間内になります。

iPhoneやMacの使用経験がなくても応募できますが、より積極的に使いこなす努力の必要はあります。

Appleの採用情報はこちら≫≫≫Apple

NTTコミュニケーションズ 在宅コールセンタースタッフ

NTTグループのコールセンタースタッフです。

インターネット接続サービス「OCN」をご利用のお客さまからの、契約変更などに関するお問い合わせに対応したり、インターネット接続やサービス利用を行うためのPC/周辺機器の設定・操作方法などテクニカルサポートを行います。

NTTグループなので研修やバックアップ体制が充実しています。

勤務日については前月業務スケジュールを自分で設定し、計画通りに業務を行う必要がありますが、昼間の隙間時間だけ働きたいなどライフスタイルにあわせた働き方が可能です。

日曜・祝日が休みと、勤務時間も10時~19時の営業時間内というのも、ママたちにはありがたいですね。

ただし、パートタイム勤務ですが業務委託契約となるので、確定申告等各種手続きは自分で行わなければなりません。

NTTグループの在宅コールスタッフ求人はこちら≫≫≫NTTコム チェオ

架電中心の在宅コールスタッフは隙間時間の副業に最適

mama works ママワークス

ママワークスにも在宅コールスタッフを募集している企業が多く掲載されています。

隙間時間の勤務はもちろん、お子さんが急病で働けない時でもお休みがもらいやすい企業もあります。

ママワークスはこちら≫≫≫mamaworks.jp

キャリア・マム

キャリア・マムは在宅ワークを支援している企業で、クライアントから受託した仕事をキャリア・マムでチームを作って仕事をしています。

いろいろな在宅ワークを提供していますが、企業案件の架電業務をはじめ、キャリア・マムの架電業務スタッフなど、内容に応じて自分のすきな求人に応募できます。

キャリア・マムはこちら≫≫≫キャリア・マム

在宅コールスタッフの報酬は?

受電の在宅コールスタッフの報酬は時給換算が多いようです。

★フルタイム勤務のAmazonの場合
時給1,100円 月額換算176,000円- (月20日間勤務した場合)

★OCN在宅コールスタッフの場合
果報酬制(応対件数に応じて支払い)
標準的な稼働時間とリテンション成功率の場合、時間換算で900円~1,000円/h程度の想定(1時間4~7件程度)

一方、架電のテレアポの場合は架電件数や成果報酬もあります。条件をよく読んで納得してから応募したほうがいいでしょう。

★時給800円〜時給1000円 ※月間アポ件数によって昇給あり

★コール単価 1架電30円、アポイント獲得1件200円~

まとめ

大手企業で働きたい!!でもできれば在宅で!!

と考えている人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

AmazonやAppleといった大企業の一員となるチャンスがありますよ。

コメント

  1. こんにちは。
    ランキングからきました。
    色々な在宅ワークがあるものですね。
    参考になりました。
    ありがとうございます。

    • luru luru より:

      トムマンクスさん
      コメントありがとうございます!
      今は働き方改革で完全在宅勤務可能な企業も増えています。
      これからもいろいろ発信しますので、また見ていただけると嬉しいです♪